アロマ入門道具一式紹介。メンタルヘルスケアでアロマテラピーにハマった。

精油とアロマディフューザー メンタルケア

業務多忙でメンタルを壊して適応障害を患って休職経て一番の変わった生活習慣といえばアロマテラピーを日常に取り入れたことだ。

癒しグッツの中でもアロマは強力!

癒しは重要で様々な癒しグッツは世の中に溢れているが、アロマの香りによる癒しは強力だ。単に良い香りがするだけではなく脳に刺激を与えホルモン分泌にも影響を与えると言われている。

以前からアロマキャンドルをたまに焚いて香りを楽しんでいたのだが、休職の期間に自分の身体を休めたり、ストレスを取り除くものを積極的に取り入れた。アロマはその中でも上位に位置する。私の中でアロマ熱が高まり、休職でまとまって勉強する時間もできたのでアロマ検定1級の資格まで取得したくらいだ。アロマは歴史もあって、100%天然の植物由来の成分である精油(エッセンシャルオイル)の作用などを勉強すると植物によって様々な個性があり奥が深い。

アロマ検定1級を取るほどアロマにはまらなくとも、アロマを楽しむことはできる。1日の仕事の終わりにアロマの香りで自分の体を労って、日々のストレスフルな生活に癒しの時間を設けることができたら。心身ともにリチャージされ、メンタルも健全に保たれる。

アロマテラピーで最低限覚えるべき単語

精油(せいゆ)


あまり精油という言葉は馴染みがないかもしれないが、エッセンシャルオイルのことだ。

エッセンシャルオイルといえばシャンプーのCMなどでも「エッセンシャルオイル配合」などよく言われているのでこの呼び方の方が馴染みがあるかもしれない。精油とは植物の花、葉、果皮、果実を初め、心材や根、種子、樹皮、樹脂から抽出した天然の素材。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質のこと。各植物に特有の香りと機能を持っている。

精油について

シーン別で選びたい精油


精油も様々なものがあるのだが求める効果によって精油を選ぶと良い。

心を落ち着かせたい時の精油


心を落ち着かせ、疲れを癒したい時は「ラベンダー」「カモミール』などが有効。

メンタル不調時は中途覚醒で睡眠に問題があったので、睡眠に有効とされるラベンダーの香りを好んで用いた。今でもたまに睡眠時にアロマディフューザーのタイマーをセットして楽しんでいる。

心を落ち着かせたい時の精油


落ち込んだ気分を元気にさせたい時は柑橘系の植物である「グレープフルーツ」「オレンジ」が良いとされている

精油の注意点

精油は飲んではいけない

精油は危険なものではないが、天然由来だと言って絶対安全という思い込みはNGで飲んだり、目や粘膜につけてはいけない。

精油は変質する

また精油の香り成分は、紫外線や温度によって化学反応を起こすので時間の経過によって香りも変化してしまうので保管方法には要注意。

もともと精油は遮光の瓶に入って販売されているのだが、私はさらに木の小箱に入れて保管している。インテリアとしても精油のコレクションボックスになって良い。

それ本当に精油ですか?ラベルに注目!

精油を購入するときはラベル表示を見ると良い。少なくとも天然精油かどうかはチェックが必要。値段の相場は植物にもよるが10mlで1,000〜2,000円のレンジがほとんどで、100円ショップなどで売られているものは、オイルに精油を混ぜたアロマオイルであって精油(エッセンシャル)ではない。ラベル表示はAEAJ標準適合認定精油の型式に従えば下記のような精油の製品情報が記載されている。

No項目表示例
1ブランド名TEKIO
2品名ラベンダー
3学名 Lavamdula angustfolia
4抽出部分(部位) 花と葉
5抽出方法 水蒸気蒸留法
6生産国(生産地)または原産国 フランス
7内容量10ml
8販売元または輸入元 TEKIO AROMA商事
AEAJ標準適合認定精油表示項目例

精油を多く垂らしても効果は上がらない

精油の瓶から精油を垂らして用いるのだが、精油の量を多く垂らしたからといって効果が上がりるわけではないという報告がある。私の場合アロマディフューザを使うときは、精油の種類にもよるが、80mlの水に対して5〜6滴、多くても7〜8滴で使用している。個人の好みもあるのでアロマをはじめたら自分の好みの量を見つけてみると良い。

アロマテラピーで揃えるべき道具一式

アロマの楽しみ方はいくつかあるのだが、低コストからおすすめのものまで3つ選んで紹介しようと思う。

アロマキャンドル

一番手軽しかも安価でアロマを楽しむ手段。様々なメーカーがあるが、お気に入りは「ヤンキーキャンドル」。東急ハンズやアロマグッツを売っているお店で見かける。Amazonya楽天などの通販でも手に入る。

色とりどりのキャンドルのラインナップがあり選ぶ楽しみもあるのと、Clean Cottonが「石鹸の香り」など名称のイメージに合う匂いの配合がなされているのが面白い。

円柱形のサンプラーが手頃だが、サンプラーを使う場合はキャンドルを受けるキャンドルホルダーが必要。使い方は少し水を入れてその上にヤンキーキャンドルのサンプラーを置いて火をつけている。こうするると水とロウは馴染まないので、使用後はキャンドルホルダーをひっくり返すだけで、溶けたロウを取り除きやすくなる。

アロマキャンドルのデメリットは火を用いている点。火事にならないように注意が必要だ。蝋燭に火をつけたまま就寝などできない。あと自然の蝋燭の炎の揺らぎは冬は暖かくて気持ちが良く癒されるのだが、夏場の茹だるような暑さでは炎の揺らぎは見たくもない。ただただ暑苦しい。

ちなみに本家ヤンキーキャンドルからデメリットを解消した、火を使わないでアロマキャンドルを楽しめる「キャンドルウォーマー」という機械が販売されている。

アロマストーン

アロマストーンは石膏や素焼きの陶器で作られた「石」で、精油を数的垂らして使うもの。火を使わないのでデスクの脇やベットの横に置いて使える。

同僚の理解と選ぶ精油が好き嫌いの激しいものでなく、万人受けするのであればオフィスでも使えると思う。

アロマディフューザー

一番のおすすめはアロマディフューザーで水を入れてその上に数滴(5〜6滴)精油を垂らして使用する。タイマー機能がついていれば就寝時にラベンダーなどの睡眠に効果が期待できる精油を焚きながらリラックスした気持ちで眠りにつくことができる。

火を使わないので安心。私が使っている無印良品のアロマディフューザーはライト機能もあって部屋の電気を消して、このライトの微かな柔らかい光の中で寝ている。ちなみにオレンジ色のライトの光がロウソクのように揺らぐ演出もあってなかなか癒されポイントは高い。

まとめ

アロマをこれから始めようと思っていたら、実はそんなに揃えるべき道具は多くはないので拍子抜けしたかもしれない。

これからアロマを始めようとしている人に一番のおすすめはアロマディフューザ。日々の生活の中にアロマでの癒しを取り入れてメンタルヘルスケアを行うとよいだろう。もっとアロマを早く本格的に取り入れていれば適応障害で壊れないで済んだかもしれない。休職・退職を回避できたかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました