メンタル不調で休職すべきかどうかの判断チェックリスト3項目

チェックリスト3項目 メンタルケア

YouTubeでとある心理カウンセラーが語っていた。休職判断に悩んだ際は下記に問題がないかを確認するといいらしい。

  • 食欲
  • 睡眠
  • 興味関心

そのカウンセラー曰く、まず医師から休職を勧められていたら。すかさず従ってくださいとのことであった。自分では「まだいける、大丈夫」と思っていても医師が客観的に判断し「休息が必要」と判断した場合はその瞬間ドクターストップだ。

ちなみに復職判断もこの3項目が使用される。上記3項目が問題なく解消されていれば休職は終了とのこと。

自分のメンタルや体調の不調は客観視しずらい

私もそうなのだがこのコロナ禍で対面ではなくオンラインで会話をしていて、声は元気よく「大丈夫ですよ!」とか言っていたのだが、ビデオのスイッチをONにした時に、相手から「ビデオで久しぶりお顔拝見したら顔色悪いですよ」という指摘を受けた。画質もそこそこのビデオでそう思われるくらいだから、相当顔色が悪かったのだろう。きっと仕草も以前とは違ってソワソワ落ち着きがなく久しぶりに私の姿をみた同僚は異変に気づいたのだろう。

顔色はともかく、その会議中に自分でも落ち着いていなかったのは記憶している。毎日接している人も日々の微妙な変化には気づきづらいと思うが、メンタル不調をきたしている本人も自分ことはなかなか客観視しづらい。久しぶりにあった人なんかの方が、以前との様子との違いに気づきやすい。

他人に勧められ休職するパターンもある

私の場合、医師や会社がトリガーを引く”他人に勧められて”の休職ではない。

自分でトリガーを引いた。さすがにもう精神が限界を超えていて気づけば転職サイトを眺めて気を紛らわしていたりした。しかもサイトを眺めるも、字が読めない状態。なかなか言葉が頭に入ってこない。理解できなくなりつつあった。さらに、日本語だけならまだしも、外資勤務なので英語も扱わないといけないので尚更だった。非母国語というのも今ではストレスの要因になっていたと考える。

家庭があるからとか経済的な理由や、「自分に限ってメンタル壊すなんてありえない」と精神的な病気を認めない人もいるらしく。周囲が本人を説得してやっと休職をしてもらうというケースもあることを知って新鮮だった。医師から「休職です」って言われたら素直に従ったほうが早期発見早期治療で、その後の治りも良いと思う。メンタル不調はずっと寝込んだままで起き上がれないと言う症状になる人もいる。私の場合もまだ体が動けて重症化する前に対処できたのでその後の経過も良く傷病手当も2ヶ月だけ使わずに済んだ。診療中に通院してから3ヶ月過ぎてから医師の診断で「もう働いても差し支えない」との診断が出た。

休職チェックリストの3項目:私の場合どうだったか

さて冒頭の休職チェックリストの3項目だが、私の場合休職直前はどんな様子だったかを共有する。

休職前の食欲について

この一月全く食欲はなく。でも何かを食べないとどんどん弱っていくことくらいは判断できたのでただ機械的に食べ物を口に無理やり押し込んでいた。主に食べていたのは、おにぎりとサンドウィッチ。もともとよく食べる人なのだが、小さめのお弁当でも気合を入れないと食べきれないようなくらい食欲は減退していた。ちなみに味を楽しむ余裕は皆無。

休職前の睡眠状況について

寝つきは良かった。むしろ良すぎるくらいだった。ただし途中目が覚めてしまい、ずっと頭では思考が続いていたので全然頭が休まっていない状態が続いた。”寝つきが良い”に対しては説明が必要だ。布団に入って数分もしないうちに寝られる、と言ったらなかなか寝付けない人からは羨ましがられるのだろうが、おそらく布団に入った瞬間に気を失っているのに近かった。全然健康的な寝方ではない。

休職前の興味関心について

ギターを長年趣味としていて自分で曲も作ってオンラインで配信するくらいだ。Podcastで流れている音楽は自作で演奏も行っている。そんな音楽好き野郎がこの1年半から2年間、全くギターに触ってなかった。ギターはホコリをかぶっていた。弾く時間がないのもそうだが、この1年間は特に弾こうとも思わなくなっていた。


音楽が好きでハードロックからイージーリスニング、R&Bまでいろんなジャンル好んで聴くのだが、休職前のは音楽をうるさく感じた。癒しのはずの音楽でさえ鬱陶しく感じるくらいだ。なんか普通の音量であっても大音量で聴こえている感じがした。

まとめ:振り返ると全部当てはまっていた

休職前はキャリアアップは完全に興味関心がなくなっていた。正直メンタルが不調すぎて生きるか死ぬかの瀬戸際だったのでキャリアどころじゃなかった「とにかく休みたい!」この一心だった。ちょっと前までは自分で起業し一国一城の主人になるのだと息巻いてた向上心は完全にこの1年でなくなった。というか、それどころじゃなくなった。

適応障害を患って落ち着いた今の関心事や価値観は、世間の評価、地位や名声や、多くの収入よりも今は自分自身の時間を確保し、豊かな人生を送りたい!と人生観が変化した。このことは別にネガティブではない。むしろ本来あるべき自分のキャラクターに戻れて毎日生き生き過ごしている。

休職時には知らなくて、後付けで知った休職判断の3項目「食欲・睡眠・興味関心」なのだが、私は全て該当していた。たまたまだが良いタイミングで自分の決断で休職判断を行ったのは正解だったと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました