休職中寝られない夜。二度寝するとフラッシュバック。職場の風景

武将シルエット 休職ブログ

今日の睡眠は寝汗なし。4時ごろ途中目が覚めた。それからなかなか寝られなかったのだが、いつものことなので焦るほどではない。ムスコも元気だった。ムスコに関しては下記記事に詳細がある。下の話だが、真面目で大切な話だ。

2度寝をしたら悪夢を見た

快適な睡眠対策で昨日、あまり遮光性のないカーテンに買い替えた。今まで使っていたカーテンは遮光性が高かったので、遮光性を落としたら自然に差し込む朝日で清々しく目が覚めるのではと思い、買い替えた。せっかくの投資だったので、効果の程が気になる。期待をしていたのだが今日は朝から雨。外は朝から暗く残念ながら効果は確認できなかった。

7時ごろに布団から起き上がろう思ったのだが、天気が悪いせいか、テンションもそんなに上がらなかった。まだ眠気もあったので、ダラダラでもグータラでも今は休むことが大事と思い二度寝をした。

これが悪夢だった。

夢の中でも繰り返される職場での日常「フラッシュバック」

夢に出てきたのは職場の風景。つい最近までやっていたプロジェクトの場面だった。部下から報告を受け、判断し、指示をする。場合によっては自分でタスクをやる。そんな休職直前までの日常が夢の中で繰り返されていた。夢とは思えないリアル感。そして目が覚めた。

疲れた。

フラッシュバックだ。

ソワソワし落ち着かない状態に耐えきれずに、医師から「適応障害」と告げられ、自ら休職を願い出て申請が通り、現在こうして休職しているのだが、自分の頭の中ではまだ今まで通りの日常が再現される。折角もう少し睡眠を延長して身体を休めようと思ったのに逆効果だった。二度寝しなければよかった。

休日も仕事のことを考えていれば「休んでいる」とは言えない

頭が休まらない。二度寝から起きたら頭痛がした。今も少しする。「心」と「体」というが、頭はその二つのどこにあたるのだろうか?「体」なのだろうか?それとも「心」?

「なぁ、俺何かがおかしいんだよ」の時に自分の異変に気づいた時にも、休日でも仕事のことを考えて頭が休まら無いということは認識していた。

パソコンを閉じるだけが休みではない。頭の中も休ませないとメンタル飛ぶ

土日にいくら会社のPCを閉じたとしても、それは物理的なことだ。一見仕事から離れたようにはなるのだが、頭の中では仕事をストップできていない。頭の中で仕事のシャットダウンボタンを押すのは自分でしかできないのだが、思考は無限ループで高負荷な処理をこなしているかのように止まらない。やがて私の頭のCPUは焼き付き、おかしくなる。

休日「仕事のことは一切考えない」はスキルが要ること

休日は「仕事のことは一切考えず、目の前のことに楽しむ」当たり前で簡単なようだが私にとっては難しいスキル。今回適応障害を患って”失敗”しているわけだが、これからは休むときは休む!と心がけててエクササイズをしていても、今朝のように不意に夢にまで出てきてしまうと厄介なものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました