適応障害:治療の3原則

「マジメすぎて、苦しい人たち」という本を読んでいる

適応障害は数ある精神疾患の中でも軽症で、珍しく完治する病態とのことだ。
完治するとはありがたい。

その治療の原則は3つあるとのことである

  1. ストレッサーの軽減
  2. 個人的脆弱性の克服と耐性の強化
  3. ストレス反応の制御

「ストレッサーの軽減」はストレスの原因となっている環境を変え、ストレス要因を軽減するというアプローチだ。職場が原因であれば、異動など職場環境を変えることが考えられる。

「個人的脆弱性の克服と耐性の強化」は何か難しい言葉だが」、簡単に言えばストレスを感じた時に自分の認知・考え方、行動の癖を知って自分でストレスをコントロールできるように強化をするというアプローチだ。具体的にはカウンセラーとの会話で自分の考えの癖を指摘してもらうことなどが該当すると思う。

「ストレス反応の制御」はストレスが原因になって生じている症状を取り除くアプローチだ。寝れないのであれば睡眠薬を用いる、不安感があるのであれば安定剤を用いると言った対処療法だ。お医者さんが手助けできるアプローチがこれに該当にすると考える。

今まさに私がやっているものである。
カウンセラーと定期的に会話をし、フィードバックをもらうことで自分の考え方の癖などに気づき、矯正中である。別の記事( 心療内科:初カウンセリング )でも書いたが、「自分よりも彼の方がリーダーにふさわしいかもと思うようになった」と発言したら、指摘が入った。自分を責めるような思考は良くない。物事の捉え方を変え、彼が今輝いていけるのは、リーダーである自分の陰ながらのサポートがあるからこそだと捉えるように見方を変えた。

起きていることは1つでも、捉え方一つでここまでもネガディブからポジティブに認識を変えられるのだから、まさに気持ちひとつだな。と感じる。その気持ちが大事である。
その気持ち一つで、やる気に満ち溢れ充実な毎日を過ごすこともでき、
その気持ち一つで、心を患い、仕事に行けなくなったりもする。

投薬治療は私は現在していない。
一番きつく、呼吸も苦しく、常に不安。ソワソワ感があったときは
睡眠薬と安定剤が2週間処方された。
薬がクセになるのも嫌だったというのも嫌だったというのが本音だが、
1週間試してみたが、1週間で薬に頼らずとも生活のリズムを整えることで改善できると判断したので止めた。医師にも伝え「苦しい時に用いればいいのですよ」とのことであった。
処方された睡眠薬と安定剤については近々別の記事で詳細を書こうと思う

ストレッサーの軽減は今まさに行なっている休職である。
実際に休息を取ることによって、食欲も回復し、不安感というのもだいぶ軽減してきた。

ただ厄介なのは職場に復帰ができるかがどうかである。
私もかつては大手の会社で働いていたのでわかるのだが、
大きな会社であればそれこそ部署が変われば、会社が変わったのではないかと思うほど文化も環境も異なる。ただ、現在所属する会社は業界では生馬の目を射抜くほどのペースで急成長しているが、まだ立ち上げたばかりであるため、物理的に部署自体が少ない、環境要因を変えようとしても動かせる牌、きれるカードは少ない。これは私が人事に休職を願い出た時にも指摘されたことだ。その時の自分はそれこそ精神状態はギリギリ普通の人に見えるように演技ができるくらいで「そんなこといいから、早く休ませてくれ」が本音だった。

復職してもマネージャーには戻れないだろうとのこと、その時に私が言ったのはマネージャーが苦しいのではなく、その業務そのものがストレッサーになってしまったと人事に伝えた。むしろマネージメントは私の十八番である。
担当の人事も私がどこまでの覚悟を決め休職を願いでているか感づいたはずである。
いつも私を気にかけ、サポートしてくれていたので悔しい思いもしたかもしれない。

こうやって少し休息をして、冒頭の適応障害の治療の3原則を眺めても
この「環境を変える」というキーワードが引っかかっている
自分の心の声を正直に言えば、休職の先に退職があると考えている。
というよりも休職を願出た時も、環境要因の軽減は厳しいものになると覚悟はしていた、休職ではなく退職を周囲に相談し、「まず休んでみたら」と複数人のアドバイスを受け入れた。

まだ休職期間が終了するまでは時間はあるので、
ゆっくり結論を出してみようと思う。