心療内科処方。初めての睡眠薬と精神安定剤効き目

錠剤を手にもつイメージ コラム

初めて心療内科を受診した時に薬を処方された。睡眠薬と精神安定剤だ

睡眠薬はベルソムラ錠15mg
精神安定剤はロフラゼプ酸エチル錠1mgだった。

適応障害に効く薬はない

実は適応障害にの特効薬はないらしい。環境を変えた理、本人の思考の癖を直すのが一番効くらしい
ではなぜ薬が処方されたか?これは実際に怒っている身体の症状を緩和させるための対処療法ということを色々適応障害について本を読んだりして調べるうちに知った。

睡眠障害が治れば疲労感も取れるはず

初診の時に色々私は身体に変調をきたしていた。動悸、息切れ、ソワソワ感、易疲労、不安、睡眠障害がある旨医師に伝えた。すると医師は「今一番何が辛いですか?」と尋ねた。「睡眠ですかね?」と答える私。その心はとりあえずちゃんと寝られるようになって睡眠障害が治れば疲労感も取れるはずと思ったからだ。そこで処方されたのが冒頭の2つの薬。

睡眠薬ベルソムラ錠

睡眠薬はベルソムラ錠は睡眠導入剤ではなく、途中覚醒し起きないようにする薬との説明があった。説明書にも「睡眠を持続させる薬、眠りの質を高める薬」と書いてある。私の場合寝つきが悪いわけではない、寝つきは布団に入ったら数分後死んんだように寝られる。問題は数時間後に起きてしまうことだ。一度起きると後は1時間おきに細切れに起きてしまう。

精神安定剤ロフラゼプ酸エチル錠

もう一つの精神安定剤についても説明があった「熟睡できるようにする薬、不安や緊張を和らげる薬」と説明書きにはある。これら2つを就寝前に飲む。医師曰く、もしお昼になっても眠気が続く場合は精神安定剤が効きすぎているので割るなりして量を調整してくださいとのこと。睡眠薬も同じく午前中まで眠気が残るのであれば割って量を減らしてくださいのことだった。「割って調整してください」は今まで処方された薬で初めてのパターンだった。

ちなみに通院時の私の低下した思考能力だとなかなか医師の説明が入ってこなかったので注意事項を復唱し医師に確認しないと不安だった。処方箋を薬局に持っていく時にとうとう自分も睡眠薬と精神安定剤を飲む様になったかとガッカリしたが、薬でどうにかこのソワソワ感が安まるのであれば頼りたい。

薬に頼れるなら頼った方がいいと考えが変わったエピソード

私は滅多に医者にもかからず、薬にも頼らないという考えで30代前半まで頑なだった。ただ薬に頼るのも悪くないと変わったことがある。余談だが20代後半から男性の悩みである頭皮が少々寂しくなってきた。あまり人に相談できない悩みだが、行きつけの美容師に「薄毛」の相談をしたら内服薬を勧められた。育毛剤など頭皮にかけるのではなく、内服薬だったので抵抗はあった。高価な育毛剤も試してもあまり効果はなかったので、内服薬で薄毛が改善すれば閉めたもの、ものは試しとAGAのクリニックで美容院が行っていた薬を処方してもらった。すると私の体質にあってたらしく効果的面。薄毛の心配がなくなった。ちなみにそのクリニックはここ。

オンライン診療

都市部なら大きな駅前にクリニックがあるので直接薬をもらいにいけばいい。都市部でなくとも送料はかかってしまうが、オンライン診療も行っているので全国どこからでもお薬を送ってもらえる。オンライン診療は処方に際しての医師との問診は電話で体調に変わりがないか聞かれるだけで、問題なければ代引きで希望したお薬が送られてくる。とっても簡単。薬科もジェネリックを使用して抑えている。プロペシアの沢井のジェネリックのものを半年分いつも処方されてもらっている。これ無しだと私の頭頂部も無い。なくてはならない存在だ。

この経験から薬で治るのであれば薬に頼ればいいという考えに変わった。

初めての睡眠薬と精神安定剤の効果

さて睡眠薬のベルソムラ錠と精神安定剤のロフラゼプ酸エチル錠の効果のほどは如何にと、初めての薬なので好奇心も湧いた。

アルコールと同時摂取はご法度

薬が効きすぎてしまうことがあるので、服用中はアルコールが飲めない。これはこれでキツい。ストレスになる。弟が鬱を患った時にアルコールを飲んで睡眠薬を飲んだら目覚めたのは次の日の夕方だったという話を聞いていたので、絶対にアルコールを摂取してはいけないと思った。弟が言うにはアルコールと睡眠薬を摂取した場合、寝るというか強制終了という様な「プツっ」という感じの睡眠になるらしい。怖い。

睡眠薬を飲むも中途覚醒

薬の効き目は人それぞれ。初めての睡眠薬なので私の体質ではどのくらいの効き目があるか未知。飲んで寝てみないとわからない。0時前に2つのピルを飲んで布団に入った。そして目が覚めたのは2時。思わず笑った「効いてないじゃん!」その後は自分の気持ちの問題かもしれないが、それまでの眠れない辛さと比べるとマシになっていた気がする。

精神安定剤も効果が良くわからない

じゃ次精神安定剤の効き目は如何に?これは次の日の昼にならないとわからない。

確かにこれも言われてみると、今までの超苦しかったのと比べるとマシになっているかなという感じだ。ボーッとして倦怠感はあったが、これが薬によるものか、適応障害で身体にキテいるものなのか判断はつかない。2日目のお昼になんか超サイア人にでもなったかの様に頭がスッキリした気がしたが、4連休の中びで弟の引越しの手伝いをし体を動かしたのと、久しぶり汗をかき、太陽を浴びたからなのかわからない。

薬は1週間でやめた

薬は2週間分処方されたが、1週間ほどで飲むのをやめた。というのも、アルコールを絶って1週間、ちゃんと0時までに寝ないといけないと言った生活習慣のリズムの改善でだいぶ日々のソワソワ感などの辛さが改善したからだ。一番悪かった時と比較すればだいぶ良くなった。だ。

定期的な診療で先生にも実は1週間で薬を飲んでない旨を伝えた「飲まないといけない薬ではなく、補助的なものですので、それでいいのです。」とおっしゃっていた。自ら薬をやめたわけだが、本来なら事前に医師と相談の上断薬するのが絶対に良い。

アルコールは気分を下げる。禁酒ならノンアルがオススメ

アルコールはダウナー作用があり気分を下げると言われる。休職中はアルコールを飲まない生活を普通にしていたのだが、帰省した際にビールを口にしたら結構気分が下がったことがあった。適応障害の治療期間はなるべく飲まない方がいいと思う。休職前はアルコールを飲まない生活は考えられなかったが、明らかに飲んだ時と飲まない時では睡眠の質が違うことに気づいた。これは治療中に身を持って実験してわかった結果。

「〜ができない」など制限がかかるとストレスを感じるもんだ。アルコールが飲めないのであれば代用品を見つけるとストレスが抑えられる。ビールテイストやチューハイテイストのノンアルコールが充実しているので代用して”晩酌”していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました