ファイザー新型コロナのワクチン2回目を打ったら副作用が半端なく地獄だった。事前準備しててよかったもの

コラム

先日2回目のコロナワクチン(ファイザーのコミナティ)を打ってきた。1回目の時は筋肉注射をした左肩が4日間くらい「すんごい筋肉痛」になって腕が全く上がらなかったくらいの副作用だったのだが。2回目はレベルが違った。38.6度まで発熱した。

コロナワクチン2回目を打って起きた副作用。時系列

ワクチン接種後0秒の様子

筋肉注射なのでTVなどの映像では注射針を垂直に思いっきり刺している光景が流れていて痛そうだが思いの外痛みはない。1回目はチューっとワクチンを注入されていく時に「冷た!」っと思った。刺して抜かれるまで一瞬2秒も掛かってないと思う。今回の2回目だが同じくそれほど痛くはない。打つ場所も同じく利き腕ではない左腕の肩なのだが、前回と比べて少々上の方に打たれた。前回感じたような「冷た!」って言う感覚はなかった。針を抜くときちょっと斜めになったかどうかわからないが痛かったが、1回目と同じく「秒」で終わった。クリニックにもよるがそもまま流れ作業的な感じで隣の部屋に通されてシールになってるワクチン接種券を返さレ、15分のカウントダウンのストップウォッチを渡され待合室で待機するように言われる。

ワクチン接種後15分:変化なし

手渡されたストップウォッチのタイマーが鳴るまで全然体調に変化はなし。タイマーが鳴ったら返却しお金も払わず「お疲れ様でした〜」と言われクリニックを出てチャリで帰った。

待合室のTVの速報で「あっ、菅首相自民党総裁選に立候補しないのかー」ということを知る。「リーダーシップがない」と辞めなければ文句を言い、辞めても「無責任」と文句を言うマスコミの批判報道については思うことがあるので別で述べた。

ワクチン接種後4時間後:左肩重い

1回目の時ワクチン接種の時、4時間くらいしたら身体がぽかぽかしてきて熱を測ったら37.1度の微熱が出ていた。2回目もどうかなと思っていた。特にまだホカホカした感じもない。計測したら36.8度。左肩は徐々に重たくなっている

ワクチン接種後12時間後:食欲も変わらず

「あれ?1回目よりもしや軽いんじゃね?」と思うほどだった。

と言うのも私の両親(60代)が結構2回目苦しんでた、母は翌日急に熱が出て1日半くらい寝込んだ。父は発熱して寝込むはなかったが「腕が上がらねー」と4日間くらい騒いでいたからだ。食欲にも変化はなく美味しく晩御飯を食べたが、まだまだ油断はならない決戦は翌日といつもより2時間くらい早く就寝した。

ワクチン接種後未明(14時間後):肩痛くて起きる

翌朝普通に目が覚める前に左肩が痛すぎて目が覚めた。「いってー」って感じだ。肩パンチをやられたほどの衝撃で寝返ると「はぅ!」となる。1回目ワクチン接種の時も肩は2日目くらいをピークに痛かったのだが、そのピークをはるかに超えたものが来た。痛すぎて寝てても目が覚めるほどだった。

ちなみに筋肉注射をした肩の痛みは湿布が効いた。今回友達が教えてくれたのだが、もっと早くこれを知っていれば1回目に4、5日肩の痛みに悩まされなくて済んだかもしれない。

ワクチン接種後翌朝(18時間後):普通に朝ごはん

肩の痛みに耐えながら気づいたらまた眠ってた。オカンの様子を見ていたので目が覚めたら「急に発熱していたらどうしよう」と思っていたが熱はそこまではない様子。計測してみると37.2度くらいなので微熱だ。ただ少々頭が重い感じがしたのが1回目とは異なる点だった。

起床後食欲は通常通りあったので普通のご飯にお味噌を食した。

ワクチン接種後1日(24時間)経過:急変する

あれほど肩の痛みで目が覚めるくらいだったのだが、不思議と肩の痛みは和らいでいた。1回目は動かすのもできなかったくらいだったのだが動かせる。ただだんだん頭痛が激しくなってきた。パソコンで作業を行なっていたのだが、だんだん字を読むのが辛くなってきた。去年の今ごろだが適応障害で字が読めなくなったのだがあれと同じような症状になったのでゆっくりベットに横になることにした。熱もだんだん高くなってきて37.8度

ワクチン接種後1〜1.5日(24〜36時間):地獄

体調は24時間経過したあたりで急降下する。頭痛は激しさを増し発熱は38.6度。解熱剤があったので解熱剤を利用し水分補給でポカリとOS-1をこまめに飲んだ。とにかくベットで横になる。

感じとしてはインフルエンザに近い。インフルのような身体中の筋肉にクるような倦怠感はないが、なんか身体中がチクチクする感じはあった、オカンは悪寒がしたと言ってたがそんな感じだった。ワクチンを打った後24時間で副作用のビックウェーブが来ると思う。「キャハキャハ」朝は元気だったオカンも人が変わったように24時間目は体調が急降下して寝込んでいたのでワクチン接種後の節目は24時間後にあると言えそうだ。

おでこと首の後ろに冷えピタを貼っていたのだが、足りないので氷枕も発動させた。私はオーソドックスなゴム製の氷枕が好きだ、見た目は湯たんぽに似ているが決してお腹に抱えて寝てはいけないw

ワクチン接種後1.5〜2日(36〜48時間):地獄から生還

とにかく横になって寝て時を過ごした。何が辛いというと頭痛だ。「このまま死ぬんじゃね?」って半分大袈裟だが思うくらい辛かった。とにかく寝て過ごす。

薄れゆく意識で思ったことが「この感覚、適応障害だった時に似てるな」である。適応障害ってどれほど辛いか、なかなか患った人じゃないと”ピン”とこないだろうが、「熱のないインフルエンザ」と例えられたりする。まさに1年前に数ヶ月間味わった”あの”感覚で今となっては懐かしかった。

夜中に汗びっしゃりで起きたのだが、頭痛が消えていた。体温も37.2度まで低下している。頭痛がないだけでこんなにも爽やかなのかと感動する。その後は37度近辺を行き来して不安定な体温だが回復傾向だった。

ワクチン接種後2日(48時間):復活!

一時期は字が読めないくらいしんどかったのだが、ご覧の通りでこんな長文を書けるくらいすっかり回復した。体温はいまだに36.8〜37.1度くらいを行き来している。今日いっぱいまでは不安定さは続いて明日はケロッと治っていることだろう。

一貫して言えるのが、症状こそインフルだが食欲は全然低下しなかった。吐き気もなし。とはいえ消化に負担をかけないために優しめの「うどん」などを食して過ごした。

まとめ:打たないでコロナで死ぬよりはマシ

ワクチン(ファイザーのコミナティ筋注)を打った後の副作用の時系列は先述の通りだ。ワクチンに対して思ったことは

「コロナワクチン打ったら副作用で死ぬかと思ったが、打たないでコロナで死ぬよりはマシ」

ワクチン如きでこれほどの地獄を味わうのだったら、本番のコロナはとんでもないなという感想を持った。ワクチンの副作用は私の周囲の人では目眩がしたとかずっと1週間くらい倦怠感が続いたなどだいぶ個人差があるようなので一概に言えないが、私と同じような副作用の方の参考にこの記事がなればいいなと思う。

ワクチン接種の先輩風をあえて吹かさせてもらうが、経験者曰くではっきり言えるのが、1回目よりも2回目の方が副作用が強くなるので「解熱剤」「氷枕」「ポカリ・OS-1」などは準備しておくのが良い。とてもじゃないが発熱したら動けなくなる。会社勤めであればワクチン接種の翌日はあらかじめ休んでおくと良い。会社も特休など設けておいたら従業員に優しい。

筋注で肩も痛くなるので「湿布」もあると痛みも和らぐので日常生活にそこまで支障にならない。1回目でさえ3〜4日間全く腕が上がらなかった。

追記

記事投稿からさらに2日目経ったのだが副作用の様子で顕著なものがあったのでシェアする。

ワクチン接種3日目

肩の痛み(筋肉痛)は1回目と比較にならないくらい軽い。肩に違和感はあるが腕をブンブン振り回せるほどだ。発熱は36.5〜37度を行き来している。37度にタッチするので若干熱はまだ高めかなと思う。基本的にスッキリなのだがここにきてたまに頭痛がするようになった。とはいっても1日目の酷く、字も読めないくらいのものではない。かろうじて仕事はできるレベルの痛さだ。

趣味で夕方30分のジョギングを日課にしているのだが、流石に走ったら頭の血管でも切れそうな痛みなのでやめといた。

ワクチン接種4日目

4日目も同じく肩に若干の違和感はあるもののバンザイができるくらい普通。発熱は37度まで上がることはなく平熱36.5〜36.8度をキープしている。倦怠感はないのだが、頭痛にたまに悩まされる。波があるようで、たまーに痛くなったり、いきなり「スッ」と治ったりする。頭痛のレベルは、時折PCから目を背けたくなるも、我慢できるくらいの程度だ。

ワクチンを打ったことで、擬似ウイルスの侵入に対して、数日経ったとはいえ、まだまだ私の身体の中で「はたらく細胞」さん達が頑張っているらしい。

たまにくる頭痛以外は至って普通なので、運動は犬の散歩と競歩くらいのゆっくりめのジョギングにしておこうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました