適応障害で休職は甘えなのか?

一旦休職し、ストレスの原因から離れ、日に日に不眠も解消され、食欲も戻り、
体調は順調に回復していると感じていたのだが、
予約していた用事の日にちを間違うなど、今までありもしなかったミスをし、
流石にまだまだ普通ではないのだなと感じている。

今回は適応障害で休職は甘えではないか?という疑問について考えてみる。

まず結論から言うが、甘えではない

これ以上症状を悪化させないためにも、すぐに休んだ方がいい
あと数日は大丈夫、あと1週間は頑張ってみようなど考えない方が良い
心療内科に通い、カンセリングを受け、休職か退職かを真剣に考えている時点で
もう限界に来ていると思う。
それが心の声だ。

そもそも、休むことが上手ければ
適応障害にはならない、私は認める。私は休み下手だった。

  • 自分がなんとかしなきゃ
  • 忙しいのに休んでいられない
  • 少しでも前進させなければ

そんな無理を重ねたので、結局心が折れた

常に仕事のことを考えてしまい、休日でも頭の片隅で考えていた。
車も休みなしで、しかも。アクセルベタ踏みだったらどうなるだろうか?
エンジンは焼きつく

さらに食欲に問題があればどうだろうか?
食事はガソリンだとしたら
燃料もなしで、エンジンを回そうとしている様なものだ。

とにかく休んで、栄養をとるのが必要だ。
しかも調子を壊してからはメンテナンスにも時間がかかる
1からエンジンを分解し組み立て直すオーバーホールが必要になってしまう。
その期間が休職期間だと思う。

私も休職の相談を会社にした日の調子は良かったので
もしや多忙で少しストレスがかかっただけで休みを願い出るのは甘えではないかと思った。
この1週間くらいどうにか乗り越えられるとさえ思っていた
だが、事務的な手続きの説明がなかなか頭に入ってこなかったりした。
やはり自分では大丈夫と思っていても、大丈夫ではないのだということを思い知らされた

もっといえば、休職を願い出ている時点で普通ではない。
休職すれば今後の会社での評価等に影響するのは必至だろう。
他の人にも迷惑がかかる。
無事復職できるだろうかもわからない。

そんなことを差し置いても

「今休まないと自分が自分でなくなる」そんな思いの方が打ち勝った。

将来のことなんて考えられなかった。それどころじゃなかった
頭で考えるより、熱いものを触った時に生命の危険を感じ、

無意識に手を引っ込める脊髄反射に近かった。

鹿児島には「てげてげ」という言葉がある沖縄なら「テーゲ」だ。
意味は、「そこそこ、適当に」である

社会復帰したら、てげてげに一生懸命働き、
心から笑顔になれる様な余裕を持って、豊かな人生を歩んでいきたい。