適応障害にまつわる情報・アドバイスや思ったこと

適応障害にまつわる情報・アドバイスや思ったこと

コラム

元適応障害の人への最悪な接し方:ずっと病人扱い

適応障害者への接し方について以前投稿した。 元メンタル疾患の患者への接し方の中でもこれは最悪、偏見だというものを今回は取り上げる。 適応障害をはじめメンタル不調で回復して普通の生活をしている人に対して、ずっと病人扱...
コラム

適応障害患者の周囲の方の接し方。言葉・態度・姿勢

自分の周りに適応障害の人がいたらどんな言葉をかければいいものか、どんな態度で接すればいいのか少なからず迷うと思う。私自身もメンタル不調は自分とは全く別の世界の話とさえ思っていたのだが、まさか自分が適応障害を患うとは思わなかった。実際にメン...
コラム

メンタル崩す性格はノルアドレナリンのせい?短期集中で燃え尽き症と飽き性

以下は適応障害で休職も3週間が経ち、そろそろ1ヶ月目の様子だ。 休職後のことを考えようと思うもまだ先延ばしにあえてした 朝起きるときに気持ちがどんよりしていた。清々しい寝起きではなかった。立ち上がるとすっと良くなったのでずっと...
コラム

メンタル崩して価値観が変化した。地位・名誉・金銭より自分の時間が大切

うつ病を克服した人がよくいういう3つのセリフというものがあるらしい こうなるとは思っていなかった(良い意味で)昔みたいに働けなくなったよね前と生き方が変わったよね 他人と比べないと思っていても、どこかで比較し優越感を感...
コラム

適応障害の症状。ストレスから下痢。寝汗は自律神経の乱れか?

適応障害の症状といえども個人差はあると思うが、実際に私の身体に起こったことを紹介する。 ストレスで腹痛。会社のトイレに入り浸る 耐えきれないほどのソワソワ感に見舞われた( 「なぁ、俺何かがおかしいんだよ」)の翌週1週間腹痛が酷...
コラム

適応障害も今では良い経験。患って理解できること。辿り着いて見える景色

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と言うが経験しないとわからないものもある。 今では「適応障害になったことも、良い経験と思う」 人生とは魂の成長の場 飯田史彦の「生きがいの創造」だったか忘れたが、スピリチュアルな世界...
コラム

メンタル不調時の気の紛らわせ方:体を動かす引っ越し手伝い(後編)

引っ越し手伝い(前編) の続きだ。 ちょうど11時ごろだろうか、兄弟は車に乗り込み新居へ出発した。道は混んでいないし、ナビを見ても、ただただ気持ちいいいほどまっすぐ向かえばいいだけなので道に迷う心配もない。 精神安...
コラム

メンタル不調時の気の紛らわせ方:体を動かす引っ越し手伝い(前編)

唐突だが、自分はついている メンタルがどん底の土曜日( 「なぁ、俺何かがおかしいんだよ」 )は4連休であったのが救いだった。 翌日の日曜に、しかもなかなか予約が取れないと言われる、心療内科の予約がすぐに取れたことも...
コラム

鬱ではない適応障害で休職は甘えなのか?「自分の身は自分で守れ。会社は守ってくれない」症状悪化の前に休むべし

休職して1週間。ストレスの原因から離れ、日を重ねるごとに不眠も解消され、食欲も戻り、体調は順調に回復していると感じていたのだが、指圧予約の曜日を間違うなど、今までありもしなかったミスが目立つ。回復してきているとはいえ、頭はまだ正常に働いて...
コラム

結局自分の捉え方次第。起きた事象は一つでも認知方法は無限大。決めるのは自分!

気晴らしに映画を観に行った。映画館を飛び出したTENETをリベンジでもう一度観に行ったわけではない(笑)おそらくTENETはもっと体力が回復して頭の冴えが以前のように戻らないと、頭が混乱してしまいまた映画館を飛び出す羽目になると思う。 ...
タイトルとURLをコピーしました