コラム

メンタル崩して価値観が変化した。地位・名誉・金銭より自分の時間が大切

スポンサーリンク

うつ病を克服した人がよくいういう3つのセリフというものがあるらしい

  1. こうなるとは思っていなかった(良い意味で)
  2. 昔みたいに働けなくなったよね
  3. 前と生き方が変わったよね

他人と比べないと思っていても、どこかで比較し優越感を感じていた

私はうつとは診断されていないが適応障害の抑うつ傾向だ。地位・名誉・金銭について私も1年前あたりから人が変わったように価値観が一変した。人並みだがそれらを追い求めていた。経営者という響きに憧れ、起業をしてみて失敗も経験した。地位・名誉・金銭は相対的価値観であって、誰かと比較して得られるものである。絶対的価値観、誰かと比較できないものではない。失敗した後に現在の会社に入ったのだが、まだ私はやる気満々、自分は人と違うんだ、特別だという根拠の無い自信は残っていた。これはこれでポジティブで原動力になるので悪いことではないと思う。知らないということは強さだ。知らないからこそ行けないところに行けたりする。余談だが、自分のビジネスは鳴かず飛ばずだったので、給料日にお金が入ってきたことに感動した。決まった時にお金が入ってくると言うことは実は素晴らしいことだ。

仕事が忙しい。マルチタスクで業務遂行しないと間に合わないが次第に慣れてくる。

外資なのでという枕詞が正しいかどうかわからないが、マルチタスクをしないと仕事が回らない。”聞くこと”がメインの会議であれば、耳だけ傾け、手は自分仕事を進めているということがデフォルトになった。しかもその手で進めている仕事自体もマルチだ。数件同時にこなしていく。

人間不思議なものでそんな環境でも適応していく能力があるらしい。はじめはキツかったが、徐々に慣れて習慣化され、当たり前になる。

そんな忙しい日々を1年こなしていくと結果も出てきて会社の評価も上がった。そして昇進もした。地位・名誉・金銭を得た。嬉しかった。その後数ヶ月、組織の立ち上げと言う、もっと忙しい時期を経験していくうちに地位・名誉・金銭への執着は消えていった。そんなことより自分の時間が欲しい。そう思うようになっていた。今もそうである。

高年収でも楽しめなかった。

いくら他人と比べ、お金を得ても使う暇がなければ楽しくない。地位や名誉も場所を変えると意味が全くなくなるものである。その身を置いている場所であれば自他ともに価値のあるものがあるのだろうが、そのコミュニティ外の人から見ればどうでもいいことだ。

地位・名誉・金銭は際限ない、上を目指し上に行けばまだ上がいる。それらを追い求めると心が休まる暇はない。それが肌に合う人なら問題ないが、私にとっては肌に合わなくなった。

自分の時間生活を犠牲にして働くものではない

お金が大事と育てられそう信じて生きていたが、自分の時間はそれ以上に価値があると言うことをメンタルを壊して知った。自分の時間(=生活)を犠牲にしてまで働くものではない。ただお金をいっぱい稼ぐことを否定しているわけではない。お金がなければ娯楽を楽しむことができない。選択肢が狭まるのでそれはそれでストレスになる。

ちゃんと楽しめる自分の時間を持ってお金もしっかり稼ぐ。バランスが取れた状態が幸せな状態と私は考える。

こちらもCHECK

疲れ切ったスーツの女性
メンタル崩す性格はノルアドレナリンのせい?短期集中で燃え尽き症と飽き性

スポンサーリンク 以下は適応障害で休職も3週間が経ち、そろそろ1ヶ月目の様子だ。 休職後のことを考えようと思うもまだ先延ばしにあえてした 朝起きるときに気持ちがどんよりしていた。清々しい寝起きではなか ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼▼▼メルマガ登録願います!▼▼▼

メンタルヘルスに関して情報発信中!

  • Podcastで取り上げたエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • 休職・退職判断
  • 適応障害患者の接し方

▼ご登録はこちらからどうぞ。

ひろわたメンタルメルマガ登録

ひろわたメンタル心理メルマガ登録-バナー

適応障害の体験談をKindle本にしました!

書籍:適応障害で壊れるまで - 元外資系社員の告白
適応障害で壊れるまでKindle電子書籍バナー
Kindle Unlimited会員は無料で読むことができます。

ポチッと応援クリック願います!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

-コラム