適応障害の症状:下痢・寝汗

適応障害の症状といえども個人差はあると思う
実際に私の身体に起こったことを紹介する

耐えきれないほどのソワソワ感に見舞われた( 「なぁ、俺何かがおかしいんだよ」 )の翌週
1週間腹痛が酷かった。ずっと下痢だ

その前からもずっとお腹は下していたが、特に「うっ」となるほどの腹痛まではなかった
休む暇がなかったので、会社で働いていてもトイレがお友達だった。
コロナで在宅勤務の時に油断して4、5Kg体重が増加してしまったが、
調子を壊してから4、5Kgマイナスになったのでイッテコイだった。
体重減は嬉しいが絶対にお勧めしないダイエットだ。

適応障害と下痢は相関性があるようだ。
ストレスから

  • 精神症状(うつ、不安、イライラ、焦燥、怒り、混乱)
  • 身体症状(不定愁、睡眠障害、食欲低下、易疲労感、倦怠感、痛み、下痢)
  • 問題行動(遅刻、欠勤、飲酒、夫婦不和、乱費、ギャンブル、自傷行為)

などが顕著に出現するとのことだ。

「問題行動」こそないが、「精神症状」と「身体症状」はしっかり出ていた。終盤「うわー」と奇声を上げたくなったこともあったが、「問題行動」を起こすギリギリ前に休職を決断して良かったと思う。

下痢に加え寝汗も数ヶ月ずっと続いていたので、自律神経がストレスでおかしくなっていたと思う。自律神経は循環器や消化器、呼吸器などの活動を調整するため、自分の意思とは無関係に24時間働き続けているものである。

手や足は自分で「さあ動け」と自分の意思で動かすことができるが、
「さあ俺の心臓の鼓動早くなれ」「俺の腸よ、グルグル動け」と念じたところで動かすことはできない。もしできたらヨガか何かのマスターだろう。自分の意思で動かすことができないので自立神経だ。

さらに自律神経は交感神経と副交感神経に分類できる。
交感神経は日中の活発な動作の源になる神経だ。日中シャキッとできてるのは、このおかげらしい。逆に副交感神経は、寝ている時やリラックスしている時の神経だ
この相反する神経がバランスをとって一日の身体の活動が支えられる
これらはストレスで乱れると原因のわからない体の異変が発生してくるという。
私は医師ではないので、少しでも気になる方はすぐに診察に行くことをお勧めする

あとの祭りなのだが、急にソワソワ感がピークになり
メンタルをやられたわけではなく、もし自分の体の異変、体の声に耳を傾け、早期発見、早期治療をしていれば、辛い思いをせずにすんだと思う。

おかしいと思ったら病院へ
「でも忙しいし、そんな時間はない」と数ヶ月も無視し続けていた
忙しさにかまけて、当たり前のことを蔑ろにしていた