心療内科初診院内の様子。患者さん多い

問診票に記入する女性看護師 心療内科通院

心療内科初診の朝の様子は既に記した通りだ。以下はいよいよ人生初となる心療内科を受診したときの院内の様子やクリニックにたどり着くまでの体調や行動を休職時に記したものになる。

頭が働いていなかったので、医師に症状を漏らさず伝えるために手書きのメモを持っていった。メモに書かれた文字も殴り書きでカオス。破り方も雑。当時は完全に疲労困憊こんぱいしていたので字を書くどころか、ペンを探すのも億劫だったようだ。

時間に遅れないように行動するのは普通なのだが、当時30分前行動になっていた。頭が働いてなくて行動も遅いから余裕を持ってスケジュールを取っていたといえば格好がいいが、単純に「時間に遅れるかも」と過剰な不安を感じていたのかも知れない。最近話題になっている。生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンの気質が高まっていたのかなと思う。

初めての心療内科。病院内と患者さんの様子は普通

ソワソワは絶好調。予約時間に遅れてはいけないと早めに家をでる。土地勘のある新宿とはいえ初めてのクリニックなので事前に場所を把握しておこうと早めに家を出る。この辺が少し自分でもHSP(繊細さん)気質があると思う。

心療内科の予約30分前に到着。近所を徘徊する

ソワソワ感を取るためにも新宿駅から一駅前の西新宿で下車し徒歩でクリニックへ向かう。クリニックのそばに来ると少し迷ったがGoogle Mapを参照しながら見つけた。まだ予約の30分前。気晴らしに何ブロックかクルクルと徘徊しながら時間を潰した。予約時間の10分前あたりでクリニックに入った。

検温・消毒を済ませ事務的な説明を受ける。問診票記入はスキップできた

コロナのせいで入口では検温があり手の消毒をしてからの受付。既にインターネットで問診票の記入は済ませてあったのでスキップできた。

問診票の記入はなかったのだが、初診に際していろいろ事務的な説明があった。ここで気づいたのだが、全然説明が頭に入ってこない。注意力は著しく劣っている。初診の方向けの小さな説明書きを数枚渡されるも、字を読むのが面倒くさい。

症状を記した手書きのメモを持っていった

今朝、自分の症状を医師に伝え漏れがないように手書きでメモを買いておいたのだが、その際にペンを探すのが面倒くさかった。その時のメモ書きがこれである

適応障害心療内科初診時メモ
適応障害心療内科初診時メモ
適応障害心療内科初診時メモ2
適応障害心療内科初診時メモ2

字はもともと綺麗な方ではないが殴り書き。メモの破り方も雑

メンタル不調なんて他人事だった私が心療内科にいる

お医者さんの診療まで待合室でじっとしているわけだが。落ち着かない。かろうじて周囲を見渡す元気があったのだが、患者の数には驚いた。人が多い。コロナ禍のせいで心を患っている人が増えていると聞く。数ヶ月前から私の周囲にも何人か体調不良で休職してる(した)人がいる。その時は完全に他人事と思っていた。でも今はメンタル不調なんて他人事だった私が心療内科にいる。まさか自分がそうなるとは夢にも思わなかった。考えさえもしなかった。

他の患者さんの様子は至って普通。大声あげてわめいたり泣き出したりしている人は皆無で普通の歯医者の待合室のような雰囲気。そんな中、私は呼吸もままならなく苦しそな様子だったので待合室で浮いた存在になっていた。まだ朝の10時前だがこの時点でFitBit(万歩計)の歩数は一万歩を超えていた。それでもソワソワ感は消え去らない。名前を呼ばれるまで静かに椅子に座って待つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました