心療内科通院

心療内科の初診はメモ持参が安心。当日の症状について

スポンサーリンク

心療内科の初診に際して

24時間ネットで予約可能なところもあります

心療内科の初診に際して行った手続きは、
他の内科や歯医者を受診するときと変わりません。

ネットから24時間予約ができるところもあります。

すぐにでも心療内科を受診したかったので、
土曜の夜に日曜でもやっているクリニックを検索しました。
数は多くありませんが、意外とありました。

心療内科医師が合わなければ変更してよい

心療内科クリニックも自分に合う合わないがあります。

大きなクリニックだと医師が自分に合わない場合は変更してもらう制度があるところもあるくらいです。

一方、小さなクリニックであれば、医師は院長先生一人だけだったりするので、クリニック自体を変更してみるのもいいと思います。

メンタルを病む人は他人を思いやる気持ちに長けているので、
「お医者さんに悪いな」と思うかもしれませんが、
気を遣う必要はないです。

なんか嫌だな、とかなんか合わないなと違和感を感じたら
容赦無く先生を変えたほうが、貴重な時間の節約。早期回復に繋げられます。

私のケースを紹介すると、
初診の先生は合いませんでした。

休職を考えています。診断書欲しい


と言ったら

休職はあなたにとってキャリアに傷がつく、最後の手段にするべきだ



と熱血をかまされました。

確かにごもっともなのですが、
ヘロヘロだから来ているわけで本人としてはもう

はぁー?何がキャリアどころですか!どうでもいいから休みたい

と口には出しませんでしたが、心の中では叫んでいました。

2回目の診療で、
たまたま別の医師に変わったことが幸いしました。
親身に私の話に耳を傾けてくれました。

無理はなさらないでください。ゆっくりしてください

と、親身になって診てくれる医師でした。
それから私の担当になってくれました。

休職に入るときも診断書の作成をお願いしましたし、
「もう大丈夫ですね!」と
心療内科通院終了まで私を診てくださいました。

初診では医師の診断書はもらえないと思ったほうが無難

メンタル不調でヘロヘロで、
休職したくて心療内科を受診したのですが、
残念ながら、私と同様で、
初診で休職手続きに必要な医師の診断書は出ないと思います。

まず初診では血液検査、心理テスト、問診などが行われまます。
本当にメンタルの不調か、
他の病気(内科的な疾患など)がないかの
見極めが行われるはずです。

ですので、初診で「あなたは適応障害です」と言われることは
まずないと思ったほうが良いです。
初診から2週間、1ヶ月と経過を診て
判断されます。

ですので「何かおかしい」と感じたら、
すぐに心療内科の受診を勧めているのは
このためです。時間のかかる戦いなのです。

うがった考えかも知れませんが、

会社行きたくねー。医師から診断書もらって傷病手当もらいながら会社休んじゃえ☆


と、
仮病で悪意を持って受診にくる輩もいると思います。

医師の診断書は傷病手当の申請に使える重要書類です。
医師も間違った診断を下せません。
虚偽診断書作成罪のリスクがあるので、
慎重に見極めているはずです。

心療内科の初診。メモを持参すると安心

初診の際A4の紙を渡されました。
今後の長く続く通院のためのシラバス的なものです。

適応障害を発症すると読解力が低下します

なんで受診されたのですか?どんな症状ですか

と、
問診票を書かされました。

でも、はっきり言ってメンタル不調の時は字を読むのも書くのも辛く、理解力も低下しているので、時間がかかりました。

私がかかったクリニックは、初診の患者は
ネット予約の時に、オンラインで問診票の記入をさせていたので、いいシステムだなと思いました。

読解力が低下しているので、簡単なアンケートなのですが、とっても時間がかかりました。

問診のアンケートの良いところは、
「いつ頃からですか?どんな症状ですか?」と尋ねられるので、に今までの自分を振り返ることができた点です。

だいぶ脳のレベルは下がっていて、受け答えも大変だったのですが、医師の診察の前に、ある程度自分の症状を整理することができました。

診察に際しておすすめなのが、メモの持参です。

頭が働いていないので、事前に自分の症状や医師に伝えたいことを伝え漏らさないように手書きのメモを持っていくと良いです。

私も、漏れがなく医師に症状を伝える自信がなかったので、
メモを持参して初診に備えました。
最悪の場合医師にそのメモを手渡すればよいので、問診時にパニックになっても安心です。

適応障害の症状 不安感でソワソワ。同じ場所を行ったり来たり

以下は心療内科初診の朝の様子を記した手記です。

前日に突発的にソワソワ落ち着かない感じに襲われたのですが、症状はさらに悪化ししました。

とうとう呼吸まで苦しくなってきました。

初診の朝。落ち着きはなく呼吸まで乱れ始めた、もう限界

初めての心療内科へ行く日6時ごろに目が覚めた。
覚めたといってもそも前に4時から1時間おきに目は覚めてる。
気分は最悪。まず呼吸が苦しい。コロナでマスクをしないといけないのでなお苦しい。

マスクから鼻を出さないと窒息すると思うくらいだ。そしていよいよマズいと思ったのが、座ってられない。
ソワソワ落ち着かない症状が昨日より増している。

ワンルームの室内を訳もないのに行ったりきたりウロウロする。まるで廃人だ。自分でもそう思うくらいなので、端から見るとだいぶマズい人になっていると思う。
尋常ではない行動をしている。

このソワソワ感を鎮めようと昨日同様、外に散歩に飛び出した。
青梅街道沿いを1時間ばかり歩いた。景色は覚えていない。

思い出しても色彩もない白黒かセピア色。
実際には世の中がそんなわけはなく色とりどりだったはず。だが、私が見た景色に色彩は抜けていた。

1時間歩いても全然気持ちは晴れないこんなに歩いて疲れているはずなのに、食欲もない

「食べなきゃいけない」と義務感からかおにぎりを一つ、食べたと思う。正直それも覚えていない。

クリニックの予約は10時まだ時間はいっぱいある。相変わらずソワソワする。また1Kの室内を訳もないのに行ったりきたりしている。ウロウロしないと到底もたない。

同じところを行ったり来たりを繰り返すほど
ずっとソワソワ感に苛まれていました。

ここまでメンタルが悪化すると、普通の生活が困難になってしまいます。
早め早めに心療内科の受診をしてください。

こちらもCHECK

問診票に記入する女性看護師
心療内科初診院内の様子。患者さん多い

スポンサーリンク 心療内科初診の朝の様子は既に記した通りです。以下はいよいよ、人生初となる心療内科を受診したときの、院内の様子やクリニックにたどり着くまでの、体調や行動になります。 頭が働いていなかっ ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼▼▼メルマガ登録願います!▼▼▼

メンタルヘルスに関して情報発信中!

  • Podcastで取り上げたエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • 休職・退職判断
  • 適応障害患者の接し方

▼ご登録はこちらからどうぞ。

ひろわたメンタルメルマガ登録

ひろわたメンタル心理メルマガ登録-バナー

適応障害の体験談をKindle本にしました!

書籍:適応障害で壊れるまで - 元外資系社員の告白
適応障害で壊れるまでKindle電子書籍バナー
Kindle Unlimited会員は無料で読むことができます。

ポチッと応援クリック願います!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

-心療内科通院