心療内科で初めてのカウンセリング。様子や雰囲気

カウンセリングを受ける女性 心療内科通院

初めての心療内科で医師との問診の後にカウンセリングも受けてみた。ものは経験である。

他のクリニックはどうかわからないが、私が通っているクリニックでは「医師の問診」と「カウンセラーとのカウンセリング」がはっきり分かれている。医師の問診は単体で受けられるが、カウンセリングだけ受けるのはダメだった。

カウンセリングを受けてみた

初めての心療内科、せっかく来たしプロに話を聞いてもらいたいしと言うことで「カウンセリングはどうされますか?」との初診の案内の人に進められるまま、「じゃお願いします」と受けた。マックで「ポテトはいかがですか?」「じゃお願いします」のポテト戦法だ。クリニック経営の医師は相当やり手だ。カウンセルング希望の旨を伝えたら、30分も待たないくらいだったか、いい感じのタイミングで予約が取れた。

カウンセラーと話すだけで気が楽になる

「こんにちは〜」とカウンセラーに案内され個室へ30分と60分コースがあるのだが、30分コースでお願いした。先程医師には今自分が病状をとうとうと語ったのだが、カウンセラーには病状よりもなぜこうなったのか思い当たる経緯をメインに語った。カウンセラーの姿勢はうんうんと効く姿勢だ。こうやって誰かに話を聞いてもらうだけでもこんなにも気持ちが晴れるものだなと、喋りながら感じた。まだ呼吸は苦しいし、ソワソワはするが、病院に着いた時の辛さが100だとしたらカウンセラーと話していたら92くらいに落ち着いた。

自己否定を矯正された

うんうんと聞いていたカウンセラーがキラリと指摘した瞬間があった。「一人の部下の方が自分よりリーダーに向いているかもと最近思う」と言う発言をした時に「それは自分を否定している発言ですよ、部下がそのように輝けるのは、あなたが陰ながらサポートして、動きやすい環境を作っているからなのではないですか?」鋭いさすがプロだと感じた。認知の歪みが生じていた。自分を否定するような考えを抱いていれば、自分の顔をいつも殴っているようなものだ。やってはいけない。

心療内科のカウンセラーは自己否定をするような考え、発言は指摘し思考の矯正をはかっている。後から知ったが適応障害に効く薬はなく、環境を変えるか、その本人の思考パターンを変えるかが鍵らしい。とにかく包みかくさず話して見るといいと思う、その会話の中でおそらく自己否定。批判など自分を責めるような思考パターンの言葉を発したら、カウンセラーから指摘が入る。

カウンセリング終了時に爽快感

あっという間の30分だったが、自己否定するような思考をしてはいけないと言う学びを得た。また無意識に自分で自分を否定している考えをしているということにも気づけたので30分で4,000円くらいだったが全然それ以上の価値があった。個室から出るときは爽快感すらあった。

現在の環境改善のためにできることはないかと言う内容も聞かれた。「例えばこう言うこともできますよね?自分で仕事を抱えずに部下など他者に分散するなど」などアドバイスを受けた。それらに対し、私がやって来たことを答えたら「うん、それでは今までずっと改善点を見つけ実現してこられたのですね、なかなかこれ以上は難しいですね…」と理解してくれた。30分前にあったばかりの赤の他人に、私の今までやって来たことを評価、共感してくれたのが嬉しかった。

メンタル不調になった原因を深掘りできた

今回体調が崩れた一番のストレッサーは、複数の大顧客を同時に担当することになったことで、単純にキャパオーバーと分析していたが、会社という組織の板挟みや葛藤も原因だったと気づいた。会社に改善案を提案しても全ては叶うものではないのは当然。だがそういう調整役にとして管理職は動かなければいけない。理想や夢、あるべき論を語ることは簡単だが、実際に実現させるとなると心身すり減らす場面も多い。そんな仕事が楽しくて好きなのだが、「ここを治せばいいのに」と思っても予算がつかないなどあまりにも自分でコントロールできないことの改善点などが目につくと、相当なストレス。

一言に、適応障害もそうだが一般的に嫌ならいいように環境を変えればいいじゃんと、簡単に言うが、管理職である私は一般社員よりもそれらを変えられる力があるし、改善しなければいけない点があれば率先してやらなければいけない立場にある。会社も組織であるので、個人で動くようなハイスピードでは動くことはできない。いろんなことを折衝したり調整が必須。そんな調整事で疲弊もしていたんだなと思った。

心身病まずともカウンセリングは定期的に受けたい

自分の新たなきっかけを見つけるチャンスなので、心療内科でカウンセリングはお勧めしたい。心療内科でなくともカウンセリングは良い。お金を払ってたまにプロに話を聞いて意見をもらうことは習慣にしてもいいなと思ったくらい最高の経験になった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました