寝汗の原因はストレスで自律神経の乱れ?休職決断で寝汗が止まった!

ベッド目覚め伸びをする女性 メンタルケア

2週間前から心療内科通いをするも、自分の病名はまだわからない状態で時間を過ごしていた。インターネットなどで自分の症状と状況(急に業務負荷が増えてから調子が悪くなった点、食欲不振、疲労感、中途覚醒など)から推測するにどうやら適応障害ではないかということは薄々勘づいていた。自分の病名がわからないまま時間を過ごすことも、一体自分の中で何が起きているのか不明のままなので、ストレスだ。

先日通院の時に医師に「私一体どんな病気ですか?」とストレートに尋ねたら、「適応障害」の診断が医師から告げられた。ストレッサーは会社にあるので正直退職も考えているが、こういうメンタル不調の時は大きな決断をしないことが鉄則とネットで適応障害などメンタル不調に関して情報収集して際に知った。なのでもし医師から適応障害と診断されたら「休職しよう」と腹に決めていた。

医師から診断が降りた今私は休職に向けて具体的な行動を起こし始めた。人事に相談をし「休職したい」と告げた。

手記:休職を決断したら寝汗が止まった

以下は休職の希望を人事に告げた日の睡眠についての手記である。

「よし、もう休職しよう!」そう決断し、まだ休職はしていないが、自分の心は決まり休職に向けて動き出した。そんな翌朝私の身体に大きな異変があった。「今日は寝汗がない」。睡眠は相変わらず0時に寝ても2時か3時に一度目が覚め、再度眠りにつくも途中1度か2度、目が覚める中途覚醒の症状があった。途中目が覚めるので、なかなか疲れが取りずらい。

昨日までは、もう秋で急に寒くなったのにもかかわらず、目が覚めると寝汗でびっしょりだったのが、今日はピタッと止んでいた。この1年間ずっと寝汗に悩まされている。素人診断だが、「きっと自律神経が完全にイカれているんだろうな」と感じながら完全に放っておいたのだが、「休職する!」と心に決めた翌日に初日で長い間悩まされていた寝汗が止まったことは身体が「そう、その判断あってるよ!」と教えてくれているように感じた。思い切って休職を決断した判断は間違っていないようだ。

ちなみに休職についてだが、人事と相談するまでどうなるかはわからない。おそらく診断書を提出したら即時休職期間に入るだろう。それまでに残務の引き継ぎなどをしないといけないので時間はタイトだ。流石に引き継ぎもなしでいきなりメンバーに抜けられたらチームとしては「何だあいつ」になってしまう。しかも私は彼らの上司だ。

無論、適応障害もピンキリだからいろいろ人によって状況は違うだろうが、本当に辛くてしょうがない場合は全て投げ出して休んでしまうのもいいと考える。幸にして今日の私はまだ引き継ぎややるべき申請事項などやる力は残ってそうだやり切ってから休職に入ろうと思う。

寝汗の原因は自律神経の乱れ

精神的なストレスが大きいと、自律神経の乱れを招き、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなる。 すると睡眠中の体温調整が正常にできなくなり、寝汗を大量にかいてしまうことがあると言われている

主な寝汗の原因

寝汗の原因として主に下記が言われている

  • ストレス
  • 加齢によるホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠環境
  • アルコールの飲み過ぎ
  • 生理前
  • 内科的な病気が隠れている

私の場合日々のストレスが原因と思われる。アラフォーとはいえ30代後半なのでまだ加齢は早いし男性なので生理も関係ない。内科的な病気も心療内科の初診の血液検査では見つからなかった。アルコールもビール1缶あれば日常満足できる。今は心療内科が通いなので睡眠薬と精神安定剤を処方されたことをきっかけにアルコールはこの1ヶ月口をつけていない。ノンアルでしのいでいる。寝具も暑いのに毛布などおかしなものは使用していない。季節に適したものを使っている。

寝汗の対策

一般的に寝汗の対策は下記の通り

  • ストレスをためない
  • 生活のリズムを整える
  • 室温環境を整える
  • 寝具の見直し(布団やパジャマ)

私の場合、諸悪の根源はストレスにある。ストレスから中途覚醒で睡眠リズムが壊れ、生活のリズムが壊れている。ストレッサーから離れ生活のリズムを戻すことが早期回復につながった。

メンタル不調。身体のサインを見逃さない

身体は不調があった場合サインを出している。そのサインに早く気づいて対処することがメンタル不調で休職や退職しないポイント。そのサインが寝汗だったりする。

少しでもおかしいところがあれば早めに病院に行くのが得策。冒頭の手記の通り、「休職する!」と決意しただけで1年以上悩まされていた寝汗が止まったのは、これもまた身体からの「そう!その判断最高!」というサイン(返事)だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました