適応障害の症状:注意力低下で散歩で道に迷う。車の運転は危険

運転びっくりおばあちゃん 休職ブログ

適応障害が原因で方向感覚というか注意力が低下していたエピソードがある。下記はその当時の手記だ。

手記:心療内科受診の帰り道、道に迷った話

散歩が好きだ。散歩がてら自宅に向かって歩く。神田川沿いを歩いていけばとりあえず間違うことはない。

普段あまり通らないルートだが、今日は気晴らしにいってみよう。ズンズン歩いて行くと、時間的にそろそろ見慣れた橋が出てくるところに差し掛かる。橋は見えるのだが、全然形が違う。何かがおかしいぞとGoogle Mapを検索。

GPSで現在地を見てみたらびっくりした。西へ向かっていたつもりが、北上していた。このままでは練馬方向に行ってしまう。

やはり注意力が落ちているせいなのだろう…自分が普通ではないことに気付かされた。

適応障害の症状の一つ:注意力の低下

先のエピソードは医師の休職診断書を無事得て、いよいよ明日から休職という日の出来事。

心療内科へ通うために仕事を夕方で切り上げていたので時間はたっぷりあった。クリニックから自宅までは徒歩で1時間かからないくらいと距離は少々あるが、散歩好きの私にとっては普通の距離。週2、3回は新宿から高円寺の自宅まで歩いて帰ったりする。見慣れたルートだ。それでは新鮮味がないとその日の帰り道は普段帰る道とはちょっと違うルートをで歩いてみたら道に迷ったというエピソード。


適応障害の症状で方向感覚が狂ったと言うよりか、注意力が低下したため普通の状態であれば周囲の風景などが見慣れないものであったらすぐに気づくことができただろうことが、気づけずに、結果道を間違った。本来であれば歩きながら早々にルートを間違っていることに周囲の雰囲気で気づいて、修正ができていたと思う。

当時は頭が働いていない状況だったので、少しの見慣れない風景ではなく、明らかに見慣れない風景になるまで自分が間違った道を進んでいることに気がつかなかった。

注意力低下なので車の運転はしないほうが良い

ここまでは、ただ「道に迷ってしまった。」で済む話なのだが、車の運転などは要注意だ。本人は普通に過ごしているつもりなので注意力が低下していることは何か顕著な出来事がなければ気づかない。

俺の息子がこんなに記憶力が悪いはずがない!

休職中に療養のために南の島、種子島に行った。両親も急に息子が精神科に通って「南の島に行ってくる」と言ったものだから、何かよからぬことを考えてはいないかと心配になって仕事を休み旅行について来た。

ウミガメも産卵に来る青く済んだ海、さとうきび畑、島の南部にはマングローブが自生する非日常に溢れのどかな南の楽園って感じだった。

種子島アコウのアーチ

当然電車もない島なので移動手段は車になるのだが、宿から駐車場に移動した時に車の鍵を忘れて、鍵をとってきたら今度は記念に写真を撮ろうとしていたカメラを忘れてなどを繰り返す自分の姿を見て親父は、なんか萌え萌えアニメのタイトルのようだが、「俺の息子がこんなに記憶力が悪いはずがない!」と異変に気づいたらしい。

それまでの私は見た目も普段通りだったので休職と聞いて驚いた様子だったが「なんだ意外と普通じゃん!」と空港で待ち合わせて私の姿を見るなり安心したのだったが、やっぱ普通ではなかった。

普通ではない息子の代わりに親父がハンドルを握る

「こいつ普通じゃない」と言うことで島を一周するドライブはずっと親父がハンドルを握った。こんな具合で注意力が本人の自覚がなくとも低下しているので車の運転だけは適応障害がしっかり癒えるまでは控えたほうが良いと思う。飛び出しなどとっさの判断でブレーキをかけるときに「ブレーキをかけなきゃ!」の判断が1テンポ、2テンポは通常時と比べて遅くなると思うので注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました