いよいよ休職。適応障害で診断で決断。会社もすぐ対応してくれた。手続きは医師の診断書を提出

元気のないスーツの女性 手続き関連

適応障害と診断されてすぐに休職を決めた理由は「悪化させたくない。早く治したい」の一心。休職せずとも通勤しながら自己管理しながら治療をしている人もいるが短期決戦で徹底的に回復したかった。私の周囲にも10年前にメンタル不調を患って、今でもたまにぶり返している同僚を見ていたのでそうはなりたくないと思った。

適応障害で休職するのに行った会社の手続き

休職に際して会社の手続きは至って簡単だった。人事には以前から体調の不調を相談していた。

休職には医師の診断書が必要。

いよいよ適応障害と病名が出たので病名を伝え「休職をしたいです」と告げたら「わかりました診断書をもらって来てくださいと言われ、かかりつけの心療内科で医師の診断書を得て、それをスキャンしてPDFにしてメールで送った。この診断書がトリガーとなって人事側は対応に追われる。翌日の朝、休職に際しての事務的な話をオンライン会議で行い、そのまま休職に入った。

もちろん会社によってルールが違うのでもし休職を考えているのであれば、就業規則を確認いただきたい。

会社を休職するために行ったこと手続きフロー

おさらいすると手続きはとてもシンプル

  • 人事に休職を申し出る
  • 人事から「医師の診断書」提出を求められる
  • かかりつけの医師から「診断書」を得る
  • 人事に「診断書」を提出(うちは在宅勤務が当たり前だったのでメールでPDF添付でOKだった)
  • 人事と休職に際してのルールや説明事項などをオンライン通話する
  • 休職開始

こんな流れだった。意外と手続きは単純であっけなく休職は開始した。

適応障害で脳が疲弊。確認事項も復唱しないとミスる

以下は適応障害の診断書を提出して、休職中は2週間ごとに水曜の午前10:00に定期的に人事が電話連絡しますとか、休職中は給与が発生しません、傷病手当の手続きのために後日資料を送付しますなど手続き・確認事項を終わらせた直後の手記になる。

必要な手続き引き継ぎを終え休職に入った。まず有給を使用しそこから休職である。復帰のためにいくらか有給は残しておいた方が良いと人事担当からアドバイスを受けてそうしたが、正直元の現場に戻れるかは今のところ自信はない。まぁこの休職期間に自分の身の振り方はゆっくりと考えることにしよう。人事と話しているときに気付いたのだが、やはり今は以前と比べ頭の回転が鈍っていることに気づいた。必要な手続きのStepなど確認のために復唱をしないと、とりこぼしなどありそうで心配だ。

先日の方向感覚もそうだが、以前の自分では考えられないことに、自分でもやはり休みが必要なのだと痛感せざるを得ないほどに脳が働いていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました