適応障害で休職1日目の過ごし方:近所散歩、参拝、食欲回復、気分転換にカーテン変えて模様替え

適応障害で休職妙法寺へ散歩1 休職中の過ごし方

休職1日目の体調・様子

休職1日経過。今朝は7時ごろ目が覚めた(と言いうか中途覚醒が何回かあったため、布団から起き上がったのが7時ごろ)睡眠の様子発見は、「朝立ち」に書いた通り。

起床したらルーフバルコニーに汚物まみれの服が投げ込まれていたという。ちょっとした事件もあった。コロナ禍で自宅軟禁状態のため近隣住民もメンタルが壊れてきている人が出てきているのかも知れない。

近所のお寺まで散歩

それ以外は天気もよく気晴らしもかね少し散歩することにした。高円寺に積んでいるので近所の妙法寺に行ってみた。しっかりと境内に入るのは、厄除けに行って以来なので10年以上ぶりかも知れない。境内をぐるりと回った。

適応障害で休職妙法寺へ散歩1

青空が気持ち良い

適応障害で休職妙法寺へ散歩1

自炊をする元気も出てきたので久しぶり自分でお米を炊いた。炊飯ジャーの設定をし炊き上がるまで近所に散歩に出かけた。炊飯ジャーのスイッチを入れるのは何ヶ月ぶりだろうか。

ここ数ヶ月食欲不振で4、5kg痩せた

この1、2ヶ月は忙しく時間がなかったのにも加え、食欲もなく「何かとりあえず食べなきゃ」と、おにぎりを1つ無理やり口に詰め込むという朝食がほとんどだった。会社ではコミュニケーションがてら、チームのみんなで食事をとるようにしていた。仲間と食べるお弁当もここ最近はあまり食欲がないのを悟られないために、空元気を出して明るく食べてはいた。ある日手が震えていたのを部下に見られたのでおかしさは勘付かれたかも知れない。食事を楽しむ余裕は皆無。とにかく”無理やり詰め込む”というのが正しい描写がしっくりくる。

夜ご飯も自分で作る気力はない、量も食べる気分もしないよって、最寄駅の夜中のスーパーで割引されたお弁当を買って口に詰め込むそんな生活だった。この1ヶ月で体重は激減した4、5Kgは痩せた。

価値観の変化「自分の時間」が一番大事

お寺で清々しい日差しを浴びながら、ポカポカ陽気に包まれていると気分が良くなった。庭の手入れをする業者さんがせっせと土いじりをしていた。本堂などを回っているうちに、今までグローバルを相手に仕事をしていたけど、その真逆をいって地域に根差した仕事というのもいいなと思えた。完全にキャリアパスや自分の仕事に対する価値観は変わった。収入に関してはそれはもらえるだけもらって高いほうが、できることの選択肢がこの資本主義社会では多くなるのでいい。でもそれよりも今は自分の時間が欲しい。自分の時間も確保して幸せで豊かな人生を歩みたい。そういう考えに完全になった。

そうだ気分転換にカーテンを変えよう!

そんなお寺の散策の帰り道の、ふと思いついたことがある。私は体質的に日の出と共に起きるらしい。これから冬に入ると日の出の時間は遅くなる。そんな弱点を抱えているので、LED蛍光灯をタイマーで午前6時45分に「全光」で光るように設定をしておきるようにしている。眩しいので目が覚める。

Nature Remoというものを使えば普通の自宅の家電リモコンをスマホから操作できたりタイマー設定が可能。スマホのGPS機能を使って最寄駅についたら電器を点灯という設定もできる。夏場は会社から帰宅前にクーラーの電源を入れておけば30〜40分後帰宅した時には部屋は涼しくなっている。

そこで、今睡眠に問題を抱えているので、もしこの遮光性の高いカーテンを変えてみたら気持ちよく起きられるのではと閃いた。日の出に伴い空が徐々に明るくなっていくのを、寝室でも徐々に感じて自然に近い起き方にしようというわけだ。よし今日の予定ができた!

レースカーテンもこの2年間で汚れていたし変えてみようとしてたところだ、睡眠の質の向上のため、あえて遮光性の低いカーテンに変えてみたらどうだろうとお昼に早速買い物に出かけた。

カーテン購入がてら明治神宮に参拝

買い物で新宿界隈に行くので明治神宮に立ち寄って休職した旨の報告に行った。

適応障害で休職明治神宮参拝2

その後しっかりと”レストランよよぎ”で昼食を食べ流ことができた。休職直後から食欲は回復している。

適応障害で休職明治神宮参拝レストランよよぎでランチ

明治神宮から新宿高島屋の隣のニトリまで徒歩で移動した。とにかく今日は歩いた。16,220歩歩いた。ニトリではカーテンを購入して帰った。今日の睡眠が楽しみだ。

後日談:カーテンを変えてどうだったか

後日談になる。遮光性を落としたカーテンに変えて目立った変化は感じられなかった。ただ前使っていたカーテンは茶色。今回購入したカーテンは明るい銀色?灰色なので色彩的に明るくなって気分も上がった。

休職1日目でお寺や神社参拝1日に16,000歩歩くなど周囲から見れば「全然元気じゃん!」と思われるが、当時は文字が読めなかったりしていた時期だった。休職中動けるのであれば、とことん自分を甘やかして、好きなことを思いのままするというのが私の適応障害の有効な治療法だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました