コラム

適応障害 睡魔に襲われる休日 眠い!不調の兆候?

スポンサーリンク

適応障害の症状の一つか?土日の昼に強烈な睡魔

PC前で落ち込む女性

睡眠障害と一言に言っても色々な症状があります。

  • 寝つきが悪い
  • 途中起きてしまう(中途覚醒)
  • 日中強烈な眠気に襲われる

などです。

寝ることは重要と言われていますが、
寝過ぎもよくない
そうです。

中途覚醒は慢性的にありましたが、
それにプラスして、
週末の昼間に強烈な睡魔が来ていました。

調子がすぐれない?占い師よりも心療内科へ!

占い師

私が「これは失敗したなー」と思うのは、
「休む時に休まなかった」ことです。

本格的に体調を崩す前に兆候はありました。

それは睡眠障害でした。
ストレスにより身体の限界の兆候が出ていて、
イエローカードだったのに、騙し騙しで粘り続けて、
結果ぶっ倒れました(=休職しました)

後から思えばなのですが、
この頃に「占い師」ではなくて、心療内科を受診していれば、
休職せずに済んだかもしれません
w

ストレスに気を使いながら、
自分の頑張るペースに注意を払い、
専門家の指示のもと、
出社をしながら治療ができたと思います。

休職の後に退職もしないで済んだと思います。

強烈な睡魔に襲われる休日

頭を抱える女性

以下は休職中の手記です。

心療内科に通院をする数ヶ月前から、
土日の昼に強烈な睡魔に襲われていました。

現実逃避かスピリチュアルや、
退行催眠にハマり出したことを書いていることから、
だいぶマイっていますね(笑)

サザエさん症候群というのを聞いたことがある。

日曜のサザエさんを見ると、
「あーもう明日は月曜か」と会社に行くのが
憂鬱になるのでそう言われるそうだ。
もちろんサザエさんに罪はない。

私の場合逆だった。
月曜から金曜の方が変なスイッチが入って、ハイで土日の方が死んでいた。

自己分析するとおそらく、戦場に突撃していくかの如くで、アドレナリンがドバドバMAXじゃないと、平日の仕事を乗り切れられないから、身体が無理にでもテンションを上げていたのであろう。

当然、そんな無理な働き方をしていたら
土日に疲れがどっと襲いかかる。

まるで平日はドラゴンボールの超サイヤ人状態で戦っていたのが、土日になれば疲れ果てて黒髪に戻って
パタリと倒れる様子といえば、
同年代の方は想像しやすいかも知れない。

通常であれば土日が元気で、
平日が会社が嫌で無気力のパターンが多いと聞きますが、
私の場合は逆でした。

続きます。

常に緊張状態で気が張っているので、この2年間風邪もひいてない。風邪なんかで倒れていられないほど忙しかった。

そこそこ元気だった頃の土日の様子は、朝は平日と変わらず起床。土日だからといってダラダラ正午まで寝ることはない。でも、疲労感はある。

独身なのだが、一人でいるのは嫌なので、近所の同じく暇してる弟か、たまにマッチングアプリで意気投合した女性や、知人に紹介された女性とデートをして過ごしていた。
そうやって異性と過ごす時間は楽しいはずだが、

この2年間は心から楽しめていない。

頭の片隅には、
どこか仕事のプレッシャーを感じていた。
疲労感もあったので、
癒してくれる心の拠り所が欲しかった。

だが、お相手たちは
そんな私の疲れた状態を察したのか、”お友達”は増えてもお付き合いが続く人には巡り会えなかった。

異性との交流など、人間の欲求の中で強烈なものですが、
心身の疲労感から全然楽しめていませんでした。

これではいくら収入や役職が上がっても幸福度は最低です。

調子が悪くなって、心療内科に通い始める数ヶ月前から、
土日のお昼に強烈な眠気に襲われ、
昼から夕方まで寝てしまうことがあった。

それと退行催眠や
前世についての関心が高くなっていた。スピリチュアルでは、体と魂は別物と考えられていて、
寝ている間は魂は肉体を離れて本来の居場所である、
あの世で休息をしていると言われている。

体が疲れ果てているから、
身体よりも魂の方に興味関心が移っていたのかも知れない。単純に睡眠4時間が2年ほど続いていてので、
睡眠不足なだけなのかもしれないが、土日の夕方に強烈な眠気に襲われ、パタリと寝ていたのは、

魂の居場所に帰りたくて
そうしていたのかもしれない。

まとめ

自分で手記を読み返して、当時を振り返ると、
「だいぶ、お疲れですね」と感じます。

スピリチュアルや「魂とは?」を考え出し、
現実逃避を模索している時点で、結構重症です。

クリニック女性と医師

こうなる前に、
早めにメンタルクリニックに行くことをお勧めします!

自然な目覚めには断然「光目覚まし」

けたたましい音で目覚めるだけが
目覚まし時計と思っていませんか?


トトノエライトの詳細を見る

日本では音で起きる習慣が当たり前ですが
欧米では
光で起きる習慣もあります。

高緯度の国では、
白夜や逆に極夜(太陽が1日上がってこない)の
地域もあります。

体のリズムを整えるために
太陽と同じ強さの自然な光を浴びれば
体内リズムも整い、
スッキリと目覚められます。

トトノエライトの詳細を見る

こちらもCHECK

これ事実。心療内科初診で医師の診断書はもらえない
これ事実。心療内科初診で医師の診断書はもらえない

人生初の心療内科の様子をシェアします。 メンタルクリニック初診の様子 待合室にちょこんと座って、自分の名前が呼ばれるのを待っています。 その時の私の様子は、ソワソワ落ち着かず、ハアハアと呼吸が荒い状態 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-コラム
-