睡眠途中目が覚めたが思考を変えてみた

睡眠途中目が覚めたが思考を変えてみた

簡単にいえば気にしないでみた。

 

この数週間、0時前に布団に入るようにしているのだが、
昔自分の作っていた音楽を聴きあさっていたら
「昔は音楽に情熱を捧げてたな」と懐かしく、かつ熱くなり
2時になってしまった。

就寝リズムが狂ってしまった。

とはいえ、音楽も聞けなかったメンタルが、音楽を楽しめるようになったのはいいことだ。
テンションとしては上がったので良いのだが、その代わり睡眠の質はまずまずだったかも知れない
起きてから頭はスッキリしているので深刻ではない。

どういう状況かというと、
2時に寝たのだが、4時ごろ目が覚めた。
最近は0時に寝て4時に目が覚めているので、どうやら今の私の体の設定は、
4時に目が覚めるというものになっているらしい。

途中目が覚めるのはいつものことなので、気にしていなかったのだけど、
今日はなかなか次の睡眠には入れない、おそらく1時間くらいかそれ以上
微睡んでいるものの、起きていたと思う

知人曰く、人間ただ横になっているだけでもリラックスして出来るとのことだったので
休まる指標が睡眠を100としたら、横になるだけでも70
学術的な詳しいことは不明だが、とにかく横でだらーとしているだけでも休まると知人は言いたかったのだろう
私もそれを信じてみる
なので、なかなか寝付けなくともマインドで乗り切った
睡眠と比較し横になっているだけでも休息はできるのであれば、このままダラーっと目を閉じていればいいし
「そのうち身体が眠たきゃねるっしょ」って構えていたら
気付いたら7時半だった。ほら寝れたでしょ

焦って寝ようとすると絶対それがストレスになって
余計目が冴えそうだ

今休職中だから時間に追われることはないのだが

例えば会社で明日8時に早朝オンライン会議があるのに
4時に目が覚めてしまった「どうしよう。このまま起きるのもおかしな時間だから寝なきゃ」
そう思うと「寝なきゃ」「寝なきゃ」で余計目が冴え、
結局6時くらいに入眠し、予定ギリギリの8時直前に「はっ!」と寝ていたことに気づき飛び起きる
なんて経験は私だけではないだろう。

 

ものは捉えようかなと、心療内科で受けたカウンセラーさんとの会話を応用してみた。

睡眠の質が悪いと思うのでなく、

起きた時にスッキリしてれば「まぁこれでいいかな」と気楽に思うようにした

自分自身にプレッシャーをかけるような考えは良くない。

黙っていても人間一日無意識に決断をしているらしい。詳しいことはわからないが、その数35,000回とも言われている。言いたいことはそんだけ黙っていても頭を使っている

というわけだ。だからこそ、その考えの中で自分を傷つける、責めるような考え方の癖があればそんだけ自分自身が傷つくことになる。半分でも17,500回であるのでその数たるや軽視できない。危険だ。

ちなみにこの数ヶ月悩まされていた寝汗は、今日も出なかった
ただ単に秋になり涼しくなったからだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました