睡眠の質向上のため遮光性の低いカーテン

今朝は7時ごろ目が覚めた。と言いうか立ち上がった。

睡眠の様子発見は(朝立ち(勃起)に書いた通りである

起床したらちょっとした事件もあったのだが、天気もよく気晴らしもかね少し散歩することにした。近所の妙法寺に行って境内をぐるりと回った

その後、自炊をしてみた。正確には炊飯ジャーの設定をし、炊き上がるまで散歩に出ようという魂胆だ。何ヶ月ぶりだろう炊飯ジャーのスイッチを入れるの。

この1、2ヶ月は時間がなかったのにも加え

食欲もなく、「何かとりあえず食べなきゃ」とおにぎりを1つ無理やり口に詰め込むという朝食がほとんどだった。会社で仲間と食べるお弁当も実はあまり食欲がないのを悟られないために明るく食べてはいたものの、無理やり詰め込むというのが正しい描写である。

夜ご飯も自分で作る気力はない、量も食べる気分もしない

よって、最寄駅の夜中のスーパーで割引されたお弁当を買って口に詰め込む

そんな生活だった。

この1ヶ月で体重は激減した4、5Kgは痩せた。

お寺で清々しい日差しを浴びながら、ポカポカ陽気に包まれていると気分が良くなった。

庭の手入れをする業者さんがせっせと土いじりをしていた。

本堂などを回っているうちに、今までGlobalを相手に仕事をしていたけど、

その真逆をいって地域に根差した仕事というのもいいなと思えた。

完全にキャリアパスや自分の仕事に対する価値観は変わった。

収入も、それはもらえるだけもらって高いほうが、できることの選択肢がこの資本主義社会では多くなるのでいいが、それよりも自分の時間が欲しい。自分の時間も確保して幸せで豊かな人生を歩みたい。そういう考えに完全になった。

そんなお寺の散策の帰り道の、ふと思いついたことがある。

私は体質的に日の出と共に起きるらしい。これから冬に入ると日の出の時間は遅くなる。

そんな弱点を抱えているので、LED蛍光灯をタイマーで6:45に「全光」に設定して、強制的に自分を起こしている。あまり良い起き方ではないのは承知だ。何事も「急」がつくことはよくないと相場がきまっている。

そこで、今睡眠に問題を抱えているので、もしこの遮光性の高いカーテンを変えてみたら気持ちよく起きられるのではと閃いた。

日の出に伴い空が徐々に明るくなっていくのを、寝室でも徐々に感じて自然に近い起き方にしようというわけだ。

よし、今日の予定ができたぞ!

そういえばレースカーテンもこの2年間で汚れていたし変えてみようとしてたところだ、睡眠の質の向上のため、あえて遮光性の低いカーテンに変えてみたらどうだろうとお昼に早速買い物に出かけた。

今日の睡眠が楽しみだ。